MVNO及び格安スマホ情報

 
MVNO及び格安スマホ情報

MVNO(格安SIM)情報を中心に、キャリアも含めたオススメスマホプランの紹介やパソコンほかIT情報をご紹介します。

記事一覧

  • キャリア

    どうも、SIMマニア北上です。 Google発のスマホ「Pixel 3a」。 カメラ性能と最新OSがウリの同機種。 価格.comで48,600円(6月16日現在)とミドルハイの、いや、私には高すぎる・・・同機種が、一括0円、さらにキャッシュバック5,000円というから驚きです。 残念ながら50GBのソフトバンクウルトラギガモンスターへのMNPが条件なところ。50GB使えて6,000円、安い!うん、確かに。でも50GBは多...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも、SIMマニア北上です。 毎日のように話題に上がるHuawei。情報も日に日に変わる、まさに目が離せない状況です。 そんな中で今Huaweiを使っている人やこれから買おうと思っていた人は、正直不安を感じている人も多いのではないでしょうか? 「情報が抜かれたらどうしよう?」と不安を煽られる状況なので無理もないと思います。 ちなみに、私の今使っているスマホはHuawei P20 lite。 P30の発売にも大いに期待していまし...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも、北上です。 今朝の出来事。 いつも通りAmazonにアクセスすると・・・パスワードが違いますのメッセージ。 KeePassでパスワード管理しているので、入力間違いとかはあり得ない。 「なんで?もしかして不正アクセスにでもあった?」と軽い気持ちでとりあえず「パスワードを忘れた方は」をクリック。 流れに従い「登録のE-mailアドレスに送付した認証コードを入力」するよう指示を受け、E-mailをみると・・・ 不正...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも、SIMマニア北上です。 子どもの影響で?今更ポケモンGoを始めて見ました! すると、困った事態が続出・・・その一つがログインエラー。 利用していると突然「ログインエラー」が発生し、「リトライ」の文字が出ることが多発。 利用環境はHuawei P20 liteをポケモントレーナークラブです。 仕方なく「ID」と「パスワード」を入力してログインを試みるが・・・ログインできない・・・ アプリのデータを消去で...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも、SIMマニア北上です。 人気スマホのセット販売がお得なOCNモバイルONE、ミュージックカウントフリーも無料でオプション選択ができて私も愛用中のMVNOですが、ミュージックカウントフリーの注意点も再確認しておきましょう。 OCNモバイルONEのミュージックカウントフリーはストリーミングのみ ミュージックカウントフリーになる、つまり使用容量に計算されないのは「ストリーミング」のみです。ストリーミングでは...

    記事を読む

スポンサーリンク

話題のGoogle Pixel 3aが一括0円、さらにキャッシュバック!

どうも、SIMマニア北上です。
Google発のスマホ「Pixel 3a」。
カメラ性能と最新OSがウリの同機種。
価格.comで48,600円(6月16日現在)とミドルハイの、いや、私には高すぎる・・・同機種が、一括0円、さらにキャッシュバック5,000円というから驚きです。


残念ながら50GBのソフトバンクウルトラギガモンスターへのMNPが条件なところ。50GB使えて6,000円、安い!うん、確かに。でも50GBは多すぎるライトユーザ(3GBで十分)の私には無縁ですが、条件が合う人には超お得ではないでしょうか?
ちなみに、3ヶ月はウルトラギガモンスターへの加入が条件な点は要注意。
この条件は2019年6月19日(水)まで!
お問い合わせはソフトバンク正規お取り扱い店「おとくケータイ.net」から↓

「どこよりも高いキャッシュバック」おとくケータイ.net

予約・待ち時間不要のネットショップで楽々MNP!


カテゴリ

今Huaweiを買わないほうが良いホントの理由

どうも、SIMマニア北上です。
毎日のように話題に上がるHuawei。情報も日に日に変わる、まさに目が離せない状況です。
そんな中で今Huaweiを使っている人やこれから買おうと思っていた人は、正直不安を感じている人も多いのではないでしょうか?
「情報が抜かれたらどうしよう?」と不安を煽られる状況なので無理もないと思います。
ちなみに、私の今使っているスマホはHuawei P20 lite。
P30の発売にも大いに期待していました。


正直、安かろう悪かろうではなく、完成度の高い高コスパ商品を筆頭に、ローエンドからハイエンドまで趣向や財布事情に合わせて選べる端末ラインナップ、定評のあるカメラ、高級感のある見た目と幅広い人に「丁度良い」と思わせるのがHuawei。
「スマホに5万も」出さなくても十分であり、一方でiPhone位の金額を出せばもっと高機能になる。iPhoneが高すぎると感じていた人に大いに受けてまさにヒット真っ只中、そんな中起きたのが今回の騒動。そしてキャリアを筆頭に続々と販売停止を表明する各社、ついにはAmazonまで停止という状況でした。


そんな折、販売停止されていた各サイトで急遽P30の販売が再開されました。




販売が再開されるや否やスマホ販売台数Amazon1位というのですから、その期待の高さが伺えます。


ですが、正直今は買わないほうが良い!と私は激しく思うのです。情報が抜かれる?スパイに使われる?そういう話ではないのです。というか、そんなのはHuaweiに限った話ではなく、もっと根本的に言えば「アメリカのみ」に世界的に偏って行くほうがまずいのではとすら思うのです。


そういう話をすると、「どうせ情報を抜かれるなら中国よりアメリカの方が」というのも危険。なぜ「どっちか一つ」という極論の選択を迫られるような話になるのか謎でしかありません。本来今回の騒動はただ「中国のテクノロジー」に脅威を感じたアメリカが仕掛けた「貿易戦争」です。
本来製品対製品でしのぎを削って良品の開発に勤しんで欲しいのですが・・・


と、そこまでいっておいてなぜ「Huaweiを買わない方が良い」というのかと言えば、答えは簡単。「周りの目がある」からです。正直、私もHuaweiを使っているというだけで「あ〜情報が危ないね」とか単純に言われることもある。そう、Huaweiが良いとか悪いとかではなく、この「Huawei = 悪」的な風潮を単純に醸している人が少なくとも0ではないのです。


今回のP30の評判も出来もやはり期待値大。魅力的な端末であることになんの疑いもありませんが、あえて「あの人Huawei使っているよ」という視線にさらされる必要はないと思います。
大事なことはいろいろありますが、「アメリカのやり方はおかしい、断固反論する」とかでなければあえてリスクを負わないというのも大事なことです。
逆に言えば、「そんな目は気にしない」という方にはやはり高コスパおすすめスマホです。


カテゴリ
タグ

Amazon不正アクセス!?Amazonの対応に感激!!

どうも、北上です。
今朝の出来事。
いつも通りAmazonにアクセスすると・・・パスワードが違いますのメッセージ。
KeePassでパスワード管理しているので、入力間違いとかはあり得ない。
「なんで?もしかして不正アクセスにでもあった?」と軽い気持ちでとりあえず「パスワードを忘れた方は」をクリック。
流れに従い「登録のE-mailアドレスに送付した認証コードを入力」するよう指示を受け、E-mailをみると・・・



不正アクセス発覚!!


身に覚えのない注文。
知らない住所。「ぞっ」としましたね。
とりあえず「注文を止めなきゃ」と思って認証用コードを使ってパスワードを再設定してログインして注文履歴をみると・・・ない。さっきE-mailで来ていた身に覚えのない注文がない。


「落ち着け、落ち着くのだ」と再度E-mailを見ていると、身に覚えのない注文の後にAmazonからメールが来ていました。

Amazonメール



なるほど、不正なアクセスをすでに検知してもらい、注文した商品も取り消しにしてもらっていたのでした。
ちなみに、不正な注文からアカウントロックしてもらうまでわずか6分。朝の4時の出来事でした。
そこで、気になるのは「他の(Yahooショッピングとか)サービスは大丈夫??」というところ。


私のAmazonというか全てのパスワードは「KeePass」で管理していて、全部バラバラ。だから使い回しが原因ではないんですよね。それでいてランダム英数字をつかっているから適当な単語を試しても入れない、となると・・・という不安が出たので、カスタマーサービスに電話して見ました。



電話の対応も抜群


まず驚いたのが「フリーダイヤル」で「電話がつながるまでの早さ」
最近の日本企業、だいたいどこでもそうですが0570のナビダイヤルでおまけに複雑な番号操作をさせられた上つながるまで結構待たされる(こちらの電話料金持ち)というところがほとんど。


それでも電話があれば良い方で、場合によっては電話番号がわかりにくかったり、そもそもなかったり。挙げ句の果てによくわからんチャットサービスや時間のかかるE-mailでまたされることもザラ。


ところがAmazonはまず0120のフリーダイヤル(さっきのメールの続きに書いてありました)。
そして、自動音声ガイダンスで目的のところに繋ぐよう案内を受けるのですが、1回の入力でOK。
そして数秒待つとすぐにオペレーターの方と会話が始まりました。


最近いわゆる「お客様ダイヤル」で待たされ慣れてしまった私は逆に「おっ、まだ心の準備が・・・」という感じでかけているこっちが焦ってしまいました。
これを24時間365日っていうんだからすごいですね。



結果はE-mail待ち


いろいろ状況を確認してくれて、なぜか(?)アマゾン側が「心配をお掛けしました」と謝罪をしてくれて、正常に注文は止められているので心配はいらないと確認してくれました。
言ってしまえばAmazonも被害者なのですが。
ただ、一番聞きたかった「何を持って不正アクセス」を検知したかはやはり電話先では分からずじまい。これで終わりか・・・と思いきや、「申し訳ございません、お送りしたE-mailにその旨記載して返信していただければ後日確認してお答えします」とのこと。


あのE-mail返信可能なんだ?とまた感心してしまいました。
ということで結果待ち。一応クレジットカードの利用履歴とその他物販系のWEBサービスの注文履歴を見たけど見知らぬ注文はなさそう。とりあえず待つしかないかなと言った感じです。



被害届は出せないらしい


ちなみに、気になってTwitterで情報を探してみると、結構いらっしゃるんですね、被害に会われている方。
警察に被害届を出されていらっしゃる方のコメントも発見。
「確かにAmazonもそうだけど、被害届か〜」と。ふむふむと思い読み進めるとその方は「ご自分で気付かれて発注停止して被害額0で済んだ」そうなのですが、警察は「被害額0では」その発送先のメモすらしない(調査しない)ようです。


つまり泣き寝入りするしかないんですね。まあおそらく発送先の住所も多分デタラメかダミーか。簡単に足がつくようなことはしないんでしょうしね。しかも「注文額0円」のデジタル書籍まで購入しているのだからいたずらのニュアンスが強いような気がします。


とりあえず、Amazonの対応の早さ、対応の良さを逆に確認してしまいました。
なぜ狙われたのか、なぜパスワードがやぶられたのか?また何かわかったら共有します。
ぜひ被害にあわないためにも、あるいは最小限に抑えるためにもこまめに確認しましょう。


【関連記事】
パスワード管理にKeePassをおすすめする理由
カテゴリ
タグ

Huawei P20 liteだけ?Pokemon Goのログインができなくなるトラブルと解決方法

どうも、SIMマニア北上です。
子どもの影響で?今更ポケモンGoを始めて見ました!
すると、困った事態が続出・・・その一つがログインエラー。


利用していると突然「ログインエラー」が発生し、「リトライ」の文字が出ることが多発。
利用環境はHuawei P20 liteをポケモントレーナークラブです。
仕方なく「ID」と「パスワード」を入力してログインを試みるが・・・ログインできない・・・



アプリのデータを消去でログインが可能


何回やっても、端末を再起動してもうまくいかずかなりイライラ。
しばらくしたら入れたこともあるのですが、それじゃ解決にならん!ということで、いろいろ試す中でわかったのは
「設定」-「アプチと通知」-「アプリ」の一覧(日本語名の五十音順の次にアルファベット順に並んでいる)から「Pokemon Go」を選択。
「ストレージ」にある「データを消去」を選択。
これでOK。この後にもう一度起動すると無事ログインできました。


ちなみにこれをやるとこれだけで5MB位?消費するのは注意。
ただ、根治解決はしておらず、いまだにたまにログインができなくなります。


アプリの起動を手動で管理にしてもバッテリー最適化を無視してもダメ。
タスク終了で消えないようにロックしてもダメ。
もし良い解決方法をご存知の方がいたら教えてください。


カテゴリ
タグ

OCNモバイルONEの「Musicカウントフリー」ダウンロードに要注意

どうも、SIMマニア北上です。
人気スマホのセット販売がお得なOCNモバイルONE、ミュージックカウントフリーも無料でオプション選択ができて私も愛用中のMVNOですが、ミュージックカウントフリーの注意点も再確認しておきましょう。



OCNモバイルONEのミュージックカウントフリーはストリーミングのみ


ミュージックカウントフリーになる、つまり使用容量に計算されないのは「ストリーミング」のみです。ストリーミングではなく端末へ「ダウンロード」してしまうと普通に使用容量に計算されてしまうので要注意。



低速モード中別枠にはならない


少しわかりづらいのですが、低速モード(240kbps)をONにします。
ここで音楽のストリーミング再生をします。
すると、240kbpsに含まれるので他の通信、例えばナビ等の起動は厳しい状況となります。


一方で、十分な確認ができていないのですがどうも契約容量を使い切った後のデータ制限中では別枠になっている模様です。
つまり、音楽ストリーミングは別枠になっているようで、音楽ストリーミング中でもナビやインターネット検索は240kbpsが使えているような体感でした。
※正確に測定しているわけではありません。



ミュージックカウントフリーはおすすめ


ミュージックカウントフリーと言われても「ストリーミングサービスは利用していないよ」という人もいるかもしれません。
ですが対応のサービスに「Google Music」と「Amazon Music」があります。


Google Musicはお手持ちの音楽データをGoogleにアップロードすると無料で自分がアップロードした音楽をストリーミング再生で利用できます。「持っている曲をストリーミングして意味あるの」と思われるかもしれませんが、昔パソコン等で録り貯めた曲もアップロードできます。つまり、スマホ容量を圧迫することなくスマホで好きな音楽を楽しめます。こんな時にOCNモバイルONEのストリーミングサービスがとっても便利なわけです。


そして、音楽目的ではなくても「Amazon Prime」会員の方は「Amazon Music」が利用できます。こちらもAmazon Music Unlimitedと比べればラインナンプ数は見劣りしますが、それでも100万曲が聴き放題。邦楽や洋楽、クラシックなどジャンル別に聞き流すこともできるのでとっても便利。
私はよく「読書」向けの音楽や「リラクゼーション」音楽を聞き流して癒されています。


カテゴリ
タグ
スポンサーリンク
 
楽天市場
楽天市場
Copyright © MVNO及び格安スマホ情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます