記事一覧

  • 2017/08/11通信費

    Y!mobileから折りたたまないガラケー新登場突然ですが折りたたまないガラケーで意味通じますか?ガラケーと言えば折りたたみ的なイメージが定着しがちですが、スマホが出る前、様々なガラケーがひしめき合っていた頃、折りたたまない一本物(?)のガラケーも結構ありました。というか、折りたたみの方が後から出てきたと記憶しています。私も最初の頃こそ折りたたみの大画面に憧れて折りたたみをずっと使っていましたが、ある時折...

    記事を読む

  • 2017/08/06キャンペーン

    落としても濡れても大丈夫な新端末M17登場MVNOで唯一全国子ども会連合会に推奨されたTONE。いよいよ新端末登場です。キャッチフレーズは「汚れても、濡れても、洗っても、落ちても、かかってこい、大丈夫。」頼もしいですね。文字通り26方向1.5mからの落下にクリアIPX5/IPX8相当の防水性能で水深1.5mで30分間OKIP6X相当の防塵性能対傷強度の高い新素材と新発売のSIMフリー端末M04と同等の堅牢性。その他ワンセグ搭載...

    記事を読む

  • 2017/07/30通信費

    突然ですが質問です。DoCoMo・Au・Softbankのいわゆる3大キャリアでSIMのみの契約ができるって知っていますか?SIMのみの契約とは・・・ふつう、3大キャリアで契約する場合、端末も一緒に購入すると思います。その端末が要らないので通信契約をしたいという場合です。それにメリットあるの?と思いますよね。実はメリットあるんです。通話定額は要らないけどたまに通話するって人。例えば仕事は事務所でする人や、会社携帯と持っ...

    記事を読む

  • 2017/07/22格安Sim

    2017年7月20日よりarrowsのSIMフリースマホの新製品M04が発売されました。 ワンセグ×防水・防塵・耐衝撃×おサイフケータイ、しかもハンドソープで洗える新商品!!。 今回はM04に伴い型落ちとなったM03のご紹介。 M03は海外製が多いSIMフリースマホ市場で日本製スマホとあって長期的な人気を博しました! ハンドソープでは洗えませんがワンセグ×防水・防塵・耐衝撃×おサイフケータイと海外製端末には望めないキャリア...

    記事を読む

  • 2017/07/21格安Sim

    キャリア同等の品質・内容でありながら格安SIM並みの料金で利用できるY!mobile。 スマホデビューにY!mobileがおすすめな10の理由でも書いた通り、沢山のメリットを持つSIMではありますが、もちろん残念な点もあります。 その一つが低速モードが使えないこと。 そもそもキャリアには低速モードは有りませんし、格安SIMだってすべての業者が提供しているわけではありませんがやっぱり便利な低速モード。 低速モードがあれば音...

    記事を読む

折りたたまないガラケー【Simply】発売!月額934円~

Y!mobileから折りたたまないガラケー新登場



突然ですが折りたたまないガラケーで意味通じますか?
ガラケーと言えば折りたたみ的なイメージが定着しがちですが、スマホが出る前、様々なガラケーがひしめき合っていた頃、折りたたまない一本物(?)のガラケーも結構ありました。
というか、折りたたみの方が後から出てきたと記憶しています。
私も最初の頃こそ折りたたみの大画面に憧れて折りたたみをずっと使っていましたが、ある時折りたたまない小型のW63Tという機種を使ったときは使いやすさと持ち運びの良さに感動を覚えました。

こんなやつを使っていて結構気に入っていました。
そう、「通話」が目的なら大画面なんていりません。
こういうのが本当は使いやすい。
スマホのような幅広端末は持っていて疲れるし、ガラケーでも折りたたみみたいにわざわざ開く必要もありません。



そういう声があったのかどうかは知りませんが、Y!mobileから昨日8/10折りたたまないガラケーが発売されました。
その名も「Simply」。
通話のみなら月額1008円(税込)~端末代込で利用可能。(2年縛りアリ)
この場合プランSSというプランですが、1:00~21:00の間であればソフトバンクやワイモバイルへ通話し放題(それ以外は30秒20円の通話料金が発生)。
家族の連絡用なんかにはもってこいかもしれません。
通話しかできないから余計な心配も要りませんしね。
なお1通3円でショートメール(電話番号でやり取りするメール)はOKです。



因みにE-mailなどのインターネットを利用する場合はベーシックパック(月額税込324円)への加入が必要な他、自動でパケット定額((0円~4500円)が適用されます。
色々したければ他にも機種はいくらでもあるので折角のsimplyだからインターネット無しでシンプルに安く利用した方が良い気がしますがE-mailくらいは使えた方が便利かもしれませんね。



また、月額税込1080円のオプション「スーパー誰とでも定額」に加入すれば通話定額可能!
正直、こちらをおすすめしたかったのです。
つまりは基本料金と合わせて月額税込2088円で完全かけ放題ガラケー、しかも使いやすいストレート端末の端末代込という好条件で利用できます。
キャリアの通話定額がスマホで2,916円ということを考えると、月828円、年間で9936円もお得に利用できます。
格安スマホで3GB程度であれば税込1000円弱で利用できることが多いので、2台持ちにもおすすめ。
3,000円弱で通話定額とスマホを実現できます。



ともあれ、通話は、特に長く話すならやっぱりガラケーが疲れない。
バッテリーの持ちも良くておすすめです。
Simply、気になった方はY!mobileを覗いてみてください。

Y!mobile公式サイト【Simply】紹介ページ

Y!mobile公式サイト プランSS紹介ページ

Y!mobile公式サイト スーパー誰とでも定額紹介ページ




カテゴリ
タグ

【TONEモバイル】濡れても落としても大丈夫な新端末登場

落としても濡れても大丈夫な新端末M17登場



MVNOで唯一全国子ども会連合会に推奨されたTONE。
いよいよ新端末登場です。
キャッチフレーズは「汚れても、濡れても、洗っても、落ちても、かかってこい、大丈夫。」頼もしいですね。
文字通り


  • 26方向1.5mからの落下にクリア

  • IPX5/IPX8相当の防水性能で水深1.5mで30分間OK

  • IP6X相当の防塵性能

  • 対傷強度の高い新素材


と新発売のSIMフリー端末M04と同等の堅牢性。
その他ワンセグ搭載、おさいふケータイ搭載と日本お馴染みの機能を装備。
TONEお馴染みの置くだけサポートで購入時に端末が入っていた製品箱におくだけでちょっとしたトラブルは解決できるので、はじめてのスマホにも利用しやすい。
但し、バッテリーはバッテリー2580mAhと大容量とうたっているわりには少な目。
ROM 16GB、RAM 2GBも通常利用には差し支えないスペックですが、ちょっと控えめ。
とはいえ、TONE事態のターゲット層が「はじめてスマホを持つ小中学生およびお年寄り」なので、性能的には必要十分と思われます。
価格は34,800円。



旧機種が値下げ



今回のM17の登場で型落ちとなったM15が19,800円に値下げ中。
防水・防塵、耐衝撃、ワンセグ、おサイフケータイは有りませんがそれらの機能が要らなければROM 16GB、RAM 2 GB、バッテリー3000mAhと必要十分。
折角の値下げなのでこちらを選ぶのもアリかと思います。



基本プラン6か月無料キャンペーン中


2017年8月1日(火)~2017年10月1日(日)までの間基本プラン月額1000円相当が6か月間無料になるキャンペーンを実施中。
条件は上記期間内に2台以上の新規契約が必要。
見守り機能があるので親子や自分と離れた親などの使用を想定しての2台以上ですね。
因みにキャンペーンは自動適用されますが2年間の縛りが発生し、違約すると9800円の違約金が発生。
もし2年以内に辞めた場合は6か月無料で6000円相当に対し9800円の違約金なので差し引きマイナスな点は注意しましょう。


TONEモバイル申し込みはこちら⇒安心スマホTONEモバイル公式サイト



関連記事


「TONEファミリー」オプションがパワーアップ、「TONE見守り」リリース
TONEモバイルのおすすめポイントと注意点




カテゴリ
タグ

3大キャリアでSIMだけの契約をする方法

突然ですが質問です。
DoCoMo・Au・Softbankのいわゆる3大キャリアでSIMのみの契約ができるって知っていますか?
SIMのみの契約とは・・・ふつう、3大キャリアで契約する場合、端末も一緒に購入すると思います。
その端末が要らないので通信契約をしたいという場合です。

それにメリットあるの?と思いますよね。
実はメリットあるんです。
通話定額は要らないけどたまに通話するって人。
例えば仕事は事務所でする人や、会社携帯と持っている人、仲良しとはLINEで通話する人など、実際の「通話」ってなると意外と少ないという方多いんです。
そんな人におすすめなのがDoCoMoのタイプSSバリュープランauのプランSSシンプルなどの無料通話付きのプラン。
いわゆる「昔ながらの」プランで表だって紹介されていないのですが、実はまだあります。
どちらも誰でも割的な割引加入で月々932円で無料通話1000円(最大25分通話可能)付。
家族割り加入で家族間通話無料なのもうれしいプラン。
もちろんSMS(ショートメッセージングサービス)も使えるし無料通話ないなら費用も掛からない。
無料通話は翌月繰越もできる。

何故このプランがおすすめかというと、例えば要りもしない5分通話定額は月額1700円。
格安SIMの場合は音声SIMで代替データSIMに+700円。そこに5分通話定額が830円が多いから1530円もかかる。
つまり、5分通話定額が要らない人なら600円位も安くできる。
しかも、たまにの通話は5分を超えても平気なのでかえって気を遣わずに通話ができる。
だから、先の通り通話定額は要らない人にはおすすめなのです。

さてさて話はそれましたが、3大キャリアでSIMのみの契約をする方法、いたって簡単。

DoCoMo公式サイト

au公式サイト

Softbank公式サイト

この通り裏技でも何でもなく、公式で紹介されている通りショップへSIMフリースマホなどを持っていけばOK。
但し、使いたいキャリアで3G通話OKなSIMフリースマホを持っていく必要があるので注意!

おすすめはg07+。



SIMが2枚入るのでお好きな格安SIMとauの3G SIMを入れて使えばデータ利用量にもよりますがだいたい2000円で無料通話付き3GBデータ利用可能なスマホを運用できます。

格安SIMは好みのところを選べば良いのですが、よくわからない場合はエキサイトモバイルかOCNモバイルONEがおすすめ。
エキサイトモバイルは最適料金プランで使った分だけお支払いで柔軟な運用がしやすい。
OCNモバイルONEは1日110MBっていう利用方法だから、ある日使いすぎてデータ使用制限で利用できなくなっても次の日には復活できるので使いやすいです。
どちらも低速モードで節約もできる優れものです。
なお、利用が少ないと初めからわかっている場合はLINEモバイルもおすすめ。
LINEモバイルは1GBのデータ通信の他LINEの通信は無制限で500円、ワンコインで利用できる格安っぷり。
しかもLINE年齢認証もOK。

なお、どの格安SIMを選んでも3大キャリアと比べると速度面で劣るのでその点は了承しておきましょう。
(遅いのが嫌な場合はUQモバイルかY!モバイルがおすすめ)

エキサイトモバイルはこちら⇒エキサイトモバイル


OCNモバイルONEはこちら⇒OCN モバイル ONE


LINEモバイルはこちら⇒LINEモバイル

UQモバイルはこちら⇒UQ mobile

Y!モバイルはこちら⇒Y!mobile







【この記事を読んでくださったあなたへおすすめの記事】
スマホデビューにY!mobileがおすすめな10の理由
【MNP限定】5分かけ放題つきガラケー月額2円!?(SOFTBANK)
コスパ最強!UQモバイル×2円ガラケー
カテゴリ
タグ

4000台限定!日本製スマホ型落ちM03が一括9,900円!!

2017年7月20日よりarrowsのSIMフリースマホの新製品M04が発売されました。
ワンセグ×防水・防塵・耐衝撃×おサイフケータイ、しかもハンドソープで洗える新商品!!。
今回はM04に伴い型落ちとなったM03のご紹介。
M03は海外製が多いSIMフリースマホ市場で日本製スマホとあって長期的な人気を博しました!

ハンドソープでは洗えませんがワンセグ×防水・防塵・耐衝撃×おサイフケータイと海外製端末には望めないキャリア製端末譲りの機能と、キャリアに左右されずしかもテザリングの制約も受けないSIMフリースマホ譲りの機能といういいとこどりの端末です。

型落ちになったことで楽天モバイルで一気に値下げされました!
なんと一括9,900円!!
但し、データSIMで6か月、通話SIMで12か月の縛りがあるので要注意!!


申し込みはこちらから ⇒ 

4,000台限定です!!
カテゴリ
タグ

Y!mobileに低速モードを実装する方法

キャリア同等の品質・内容でありながら格安SIM並みの料金で利用できるY!mobile。
スマホデビューにY!mobileがおすすめな10の理由でも書いた通り、沢山のメリットを持つSIMではありますが、もちろん残念な点もあります。
その一つが低速モードが使えないこと。
そもそもキャリアには低速モードは有りませんし、格安SIMだってすべての業者が提供しているわけではありませんがやっぱり便利な低速モード。
低速モードがあれば音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオを容量制限を気にせず思う存分楽しめます。

今日はそんな低速モードをY!mobileで利用できるようにする方法をご紹介します!
冒頭で紹介の通り、Y!mobileそのままでは低速モードを利用することが出来ません。
そこで、他の格安SIMと組み合わせることを考えます。
実は一部の格安SIM業者は低速モード専用プランを格安で提供しています。
楽天モバイルのベーシックプランやDMMモバイルのライトプラン、そしてロケットモバイルの神プランなどです。
ここでおすすめなのはロケットモバイル。
楽天モバイルベーシックプラン 525円、DMMモバイルライトプラン 440円に対し、ロケットモバイル神プランは月額298円!
文句なしの最安値です。
しかも、即月プラン変更が可能なので、高速プランが足りなくなった時用にチャージの代わりに利用することで格安に高速容量を確保できます。(ただし、ロケットモバイルの高速プランは低速モードを設定できないので、神プランに戻すまでは低速モードではなくなります)




ではどのようにY!mobileと一緒に低速モードとして利用するか、ですが2つの方法があります。
一つ目の方法はDSDS端末を利用する。
以前「Y!mobileでスマホデビューにおすすめなスマホ」で紹介した「Huawei nova」のようなSIMを2枚利用できるDSDS端末を利用することでY!mobileとロケットモバイルの併用が出来ます。
低速モードを利用したいときはSIMの切り替えでロケットモバイルでデータ通信するように設定すれば低速モードになります。

二つ目の方法はモバイルWi-Fiルータを利用する方法です。

のようなモバイルルーターはSIMを挿すことでどこでもWi-Fi環境を作ることが出来ます。
ロケットモバイルのSIMをこのルーターに差して、低速モードが欲しいときはモバイルルーターのWi-Fiに切り替えることで低速モードとして利用で来ます。



以上、二つの方法どちらかで Y!mobile で低速モードを利用できるようになります。
低速モードを上手く利用することで月額容量を節約できることもあります、賢く利用して節約しましょう!


カテゴリ
タグ
Copyright © 格安SIMでスマホデビュー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます