MVNO及び格安スマホ情報

 
MVNO及び格安スマホ情報

MVNO(格安SIM)情報を中心に、キャリアも含めたオススメスマホプランの紹介やパソコンほかIT情報をご紹介します。

記事一覧

  • 格安Sim

    どうも、SIMマニア北上です。 スマホの節約、家族みんなでやればより効果的です!そこで、気になってくるのがシェアプランではないでしょうか? ご存知の通りシェアプランは主回線の容量をわけあって利用するというもの。2回線目〜は追加概ね500円〜1,000円程度の追加料金で利用することができます。 ですが、このシェアプランには注意点が2つあります。 同じ容量ならシェアプランの方が高い データ容量...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも、SIMマニア北上です。 前回「MVNOの通話アプリ改悪」に関する記事を投稿しましたが、気づけば妻のLINEモバイルはすでに手遅れ状態・・・アップデートしてしまったあとではあとの祭り、「着歴がない」と妻は半ギレ。そりゃそうですよ、使ってみると本当に面倒!急いでいる時なんてまず無理でしょうね。 そこで「どうしよう?」となるわけですが・・・考えられるのは次の3つ。 通常アプリでプレフィックス自動追...

    記事を読む

  • 格安Sim

    パソコン、使っていると購入当初とは比較にならないくらい遅くなりますよね。動作がモッサリいらいらするもんで、前はよくリカバリーしていました。工場出荷時の状態に戻すっていうアレです。結構効果があるもんで、やる前よりも断然いい!というわけで、やらないよりやった方が良いわけですが、最近う〜んと思うことがありました。 リカバリーしても遅い!もちろんやる前よりはいいのですが、「こんなに遅かった?」っていう...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも!SIMマニア北上です。 MVNOとキャリアの中間「サブブランド」としてよく比較されるUQモバイルとワイモバイル。 品質の良さ・通話アプリ不要のかけ放題・WEBメールより便利なキャリアメールなど他のMVNOが未だ真似できない2社ですが、2年契約やかけ放題が基本的にセットなどキャリアに似ている点もたくさんあります。 そんななか、端末不要でMVNOする場合ワイモバイルの方が優遇されています。 SIM単体契約特別...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも、SIMマニア北上です! MVNOでは当たり前の通話アプリ。通話料金が安くなるアレです。 各MVNO毎にも出ておりますし、楽天でんわなど契約関係なく利用できるものもありますが・・・ 先日mineoでんわから気になる投稿がありました(その記事はこちら(外部リンク)) 記事によると、標準電話への発着信履歴を利用できなくなるとあります。つまりはこういうこと? 1.電話が着信する      ↓ 2.用事があ...

    記事を読む

スポンサーリンク

家族だからシェアプランは高くつくかも

どうも、SIMマニア北上です。
スマホの節約、家族みんなでやればより効果的です!そこで、気になってくるのがシェアプランではないでしょうか?


ご存知の通りシェアプランは主回線の容量をわけあって利用するというもの。2回線目〜は追加概ね500円〜1,000円程度の追加料金で利用することができます。


ですが、このシェアプランには注意点が2つあります。

  1. 同じ容量ならシェアプランの方が高い
  2. データ容量は増えないのに追加SIM料金が発生する


具体的にイオンモバイルのプランで見ていきましょう。
1点目はとてもわかりやすい注意点です。どこの業者でもシェアプランの方が割高です。イオンモバイルの場合は300円(4GBプランのみ200円)割高に設定されています。


2点目は「音声利用分」だから700円は仕方ないのですが、例えばイオンモバイルの場合4回線目からは700円ではなく、900円もかかります。


それでもシングルプランで最も月額料金が安い500MBプランは1,130円〜なので230円お得です。そう、利用量が少ない人が多い場合シェアプランは有利に働くようにできているのです。


ケース1
4GBを3人でシェア(1GB+1GB+2GB)する場合
シングルプランの場合は合計4,140円、シェアプランの場合は3,180円。圧倒的にシェアプランが有利です。


ケース2
12GBを3人でシェア(4GB+4GB+4GB)する場合
シングルプランの場合は合計4,740円、シェアプランの場合は4,980円。シェアプランの方が不利。


無条件に安くなるわけではないシェアプラン。うまく使って安くしましょう!


イオンモバイル
カテゴリ
タグ

MVNOの通話アプリが続々改悪?着歴が残らないと悲鳴!

どうも、SIMマニア北上です。
前回「MVNOの通話アプリ改悪」に関する記事を投稿しましたが、気づけば妻のLINEモバイルはすでに手遅れ状態・・・アップデートしてしまったあとではあとの祭り、「着歴がない」と妻は半ギレ。そりゃそうですよ、使ってみると本当に面倒!急いでいる時なんてまず無理でしょうね。


そこで「どうしよう?」となるわけですが・・・考えられるのは次の3つ。

  1. 通常アプリでプレフィックス自動追加
  2. 発進前に編集
  3. 何か他にいいアプリ



通常アプリでプレフィックス自動追加


前のガラケーの時は当たり前にあったのですが・・・Huaweiだけ?プレフィックスありません。なんでないんだよ!と今頃気づいて怒っても仕方ない、ないものはないのです。あるひとはこれで解決!ない人は次の手段・・・



発進前に編集


Huaweiの場合は着信番号を長押しすると「発進前に編集」の文字があります。これを押すと発進番号の編集ができるのです。ここで手動でプレフィックスを入れる。一応これで解決はするのですが・・・スマートじゃない。面倒。ありえない!!ってことで次!



何か他に良いアプリ


今のところ良さそうなのは「Premium Dialer」というアプリ。
このアプリすごいのです、番号に応じて自動で最適のアプリを選んでくれる(ように設定ができる)優れもの。
つまり、フリーダイヤルは通常の電話、050IP電話は(入っていれば)IP電話アプリ。そして、通常の電話はMVNO通話アプリのような設定ができる!


【続報】(悲報)
これで解決だ!と思っていたのですが、思わぬトラブル発生・・・確かにLINEの通話アプリが起動するのですが、そのまま発進すると・・・Huaweiが再起動してしまった・・・どうやらHuaweiとは相性が悪いようだ・・・


そこで次に見つけたのが「Quick電話帳 - 連絡先 & ダイヤラー」。
これは発進するときにプレフィックスを付けるように設定できます。プレミアムダイヤラーと違ってこのアプリ自体がプレフィックスをつけてくれます。こうなると若干面倒なのが「Lineモバイルのプレフィックス」。他者は良いのですが、ラインモバイルは携帯用と固定電話用でプレフィックスを分けている・・・だから2つ登録して、発進時に選ばなければならない。
もちろん、フリーダイヤルや緊急通報時はプレフィックスなしを選択する必要もあるなどただ発信すればよかったLINEモバイルの「いつでも電話」やPremiumu Dialerより使い勝手は劣る。でも広告は入るが無料で今できる最善手だと思います。
我が家のように再起動しないならプレミアムダイヤラーの方が良いかな?


ちなみに楽天でんわ。楽天モバイルでなくても利用できるのでこちらに乗り換えようかな?ポイントも貯まるし、プレフィックスも使い分けなくていいし・・・もちろん楽天電話のアプリも履歴は残らないようなのでプレフィックスだけ使って(用事前登録)アプリはQuick電話帳 - 連絡先 & ダイヤラー。


カテゴリ
タグ

古くなったパソコン、リカバリーすれば良いというわけではないんだ

パソコン、使っていると購入当初とは比較にならないくらい遅くなりますよね。動作がモッサリいらいらするもんで、前はよくリカバリーしていました。工場出荷時の状態に戻すっていうアレです。結構効果があるもんで、やる前よりも断然いい!というわけで、やらないよりやった方が良いわけですが、最近う〜んと思うことがありました。


リカバリーしても遅い!もちろんやる前よりはいいのですが、「こんなに遅かった?」っていう感じ。購入当初とはアップデートの数も違うし、そもそも購入当初を並べて比較もできないのですがやっぱり遅い。そうだよな〜ハードディスクだって遅くなるよな〜と思ってググってみると案の定でした。


そう、ハード自体がヘタる!パソコンで壊れやすいハードといえばハードディスクと電源部・FANでしょうか?で、パソコンの動作速度に密接に関わるハードディスクがへたっているわけで、いくらリカバリーしたってこればっかりはどうしようもない。そりゃそうですよね、モーターやヘッドなど実際に動作しているわけで、車のようにオイル交換なんかのメンテナンスも一切なく働き続けているのでそりゃ遅くだってなるんでしょう。


今回のリカバリーしたパソコンは会社のもの。自分のではないので交換なんてできませんが、どうせリカバリーやるならSSDへの換装もセットでやるのがオススメです。
参考までに、私がSSD換装した記事はこちら↓
VaioのSSD換装
NECのSSD換装
あと、SSDのデメリット


カテゴリ
タグ

UQモバイル人気だけど端末あるならワイモバイル

どうも!SIMマニア北上です。
MVNOとキャリアの中間「サブブランド」としてよく比較されるUQモバイルとワイモバイル。
品質の良さ・通話アプリ不要のかけ放題・WEBメールより便利なキャリアメールなど他のMVNOが未だ真似できない2社ですが、2年契約やかけ放題が基本的にセットなどキャリアに似ている点もたくさんあります。


そんななか、端末不要でMVNOする場合ワイモバイルの方が優遇されています。

SIM単体契約特別割引

これは端末不要でワイモバイルと契約するときに適用される割引で、プランSなら毎月432円割引、プランM/Lなら毎月648円割引が適用されます。しかも2年間。


家族割を使えば2回線目以降がさらに540円引き。10分かけ放題&3GBのプランが初年度月額1,166円(税込)で利用できてしまうという・・・




上記リンク限定で2019/3/31までの申し込みならさらに10,000円引き、端末が使えるかどうか確認はしましょう!


カテゴリ

通話アプリ改悪前に、アプリ個別に自動アップデートを停止してみる

どうも、SIMマニア北上です!
MVNOでは当たり前の通話アプリ。通話料金が安くなるアレです。
MVNO毎にも出ておりますし、楽天でんわなど契約関係なく利用できるものもありますが・・・
先日mineoでんわから気になる投稿がありました(その記事はこちら(外部リンク))


記事によると、標準電話への発着信履歴を利用できなくなるとあります。つまりはこういうこと?

1.電話が着信する
     ↓
2.用事があったりで取れない
     ↓
3.通話アプリからかけ直しが面倒!!


そう、通話アプリをメインで使っていたとしても、着信は通常の電話です。着信履歴は通常の電話履歴に残るわけですが、これまではMVNO通話アプリはこの情報を利用できたので、簡単に通話アプリからかけ直しができました。これができなくなる??とすれば、わざわざ通常の電話の着信番号をコピーなりメモなりして、MVNO通話アプリから発信しないといけない??


Googleのポリシー変更ということは当然mineoだけの問題ではありません。そこで調べてみると我がOCNモバイルONEの通話アプリはまだ無事でした。できることは・・・自動アップデートを止める!


もちろん、他のアプリは自動アップデートしてもらわないと困ります。なので、今回は通話アプリのみの止めることにしました。

やり方はいたって簡単です。


アプリ個別に自動アップデートを止める方法

  1. Google Playで該当のアプリのページを起動
  2. メニューボタン(・三つ並んだやつ)をタップ
  3. 自動更新を外す
該当のアプリのページはインストール前だとインストールですが、今は「開く」になっていると思います。そのページの右上のメニューボタンです。


これでどこまで抗えるか分かりません。しかし、こんなことをされたらまたMVNO離れが進むんだろうな〜・・・


カテゴリ
タグ
スポンサーリンク
 
楽天市場
楽天市場
Copyright © MVNO及び格安スマホ情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます