MVNO及び格安スマホ情報

 
MVNO及び格安スマホ情報

MVNO(格安SIM)情報を中心に、キャリアも含めたオススメスマホプランの紹介やパソコンほかIT情報をご紹介します。

記事一覧

  • 格安Sim

    どうも!SIMマニア北上です。スマホ契約をするときに必ず通る道「プランを決める」。これって簡単な人には簡単だし難しい人にはめっちゃ難しい。そして説明できるようなものではない、というのがポイントです。 よくオフィシャルサイトとか見ると「○GBでできること・・・メールをxxx回、Youtubeを○分・・・」みたいな書き方をしていますが、そんなんじゃ想像できませんよね。ましてこれまで使っていた人でも難しい、これか...

    記事を読む

  • 格安Sim

    どうも、SIMマニア北上です! 価格の安さのほかプランのわかりやすさも売りだった格安SIM!ですが、最近のプランがわかりにくい!!と感じてしまうのは私だけではないはず。特に複雑化が進んでいるのがワイモバイルではないでしょうか?もうほとんどキャリアと遜色ないくらいわかりにくくなっています(笑) まず、基本的なところから。ワイモバイルの基本料金以下の通り。 プラン容量月額 S2GB5,480円 M6...

    記事を読む

  • 未分類

    自動車の「鍵」。スマートキーの普及で今や電池が入っている「鍵」の方が多いのでは?そうなると困るのが電池切れですよね?ディーラーさんなんかからは「電池交換の際はお持ちください」なんて言われるけど、正直ディーラーに持っていくのは面倒くさいし500円くらいの工賃ももったいない・・・自分で交換すればいつでもできますし、電池代(100円ショップに売っている)で済みます。 でも簡単にできるの?壊したらどう...

    記事を読む

  • 未分類

    家電量販店店員さんに3日はかかると言われビクビクしながら始まったwindows 10のセットアップ。やることはそんなにこれまでと比べて違和感のあるものでもなく 再セットアップディスクの作成 ↓ windowsアップデート(複数回) ↓ Officeの認証 というもの。 結果15:00から始めてほっときながらダラダラ行って21:00くらいでいいところ終わりました。ですが、正直大変でした!困った点は2つ! まず...

    記事を読む

  • 未分類

    ネットワークに繋がない、俗にいう「スタンドアロン」パソコンのセットアップを頼まれました。が、それは地獄の始まりでした。 というのも、最近のパソコンはインターネットに繋がる前提。繋がないパソコンも初期セットアップだけは繋いでねとヤ○ダ電機の店員さんに言われました。ちなみにせいぜい1日あれば終わるんでしょ?と思っていたら大間違い。店員さん曰くいや、つきっきりで3日(結果半日でした)はかかりますとの...

    記事を読む

スポンサーリンク

使う前に是非利用したい太っ腹神サービス「Try UQだぞ」

どうも!SIMマニア北上です。スマホ契約をするときに必ず通る道「プランを決める」。これって簡単な人には簡単だし難しい人にはめっちゃ難しい。そして説明できるようなものではない、というのがポイントです。


よくオフィシャルサイトとか見ると「○GBでできること・・・メールをxxx回、Youtubeを○分・・・」みたいな書き方をしていますが、そんなんじゃ想像できませんよね。ましてこれまで使っていた人でも難しい、これから使おうという人が想像できるわけもありません。


そこで!おすすめしたいのが「Try UQモバイル」!是非使ってみてねというサービスです。このサービス、何がすごいって一切の費用なしで15日間(受け取り・返送も含む)UQモバイルが試せる!だけではなく、なんと端末も貸してくれるのです。返送用の送料すらかからない。だから、端末をもっていない、本当に「これからスマホにしよう」と思うけどイメージができない人にオススメです。


通話を試すことはできませんが、10日以上もたっぷりと試せるので曜日によるリズムの違いも検証できます。百聞は一見に如かず、使ってから利用できる安心感は大きいと思います。
私が以前試した時の記事もよかったら参照してみてください。
(過去記事:Try UQモバイルに申し込んでみました。
(過去記事:Try UQモバイルを利用してみてわかったこと。


ただし!こんなこと言っては何ですが、Try UQモバイルのキットに当たり前ですが「申し込み」案内や、電話で「申し込みしませんか?」という電話がくるのですが、それで申し込むより公式サイトで申し込むよりネット代理店で申し込む方がお得だったりします。キャッシュバック額や初期事務手数料の面で有利なので。焦らずネット申し込みがオススメです。


カテゴリ

ワイモバイルって結局安いの?

どうも、SIMマニア北上です!
価格の安さのほかプランのわかりやすさも売りだった格安SIM!ですが、最近のプランがわかりにくい!!と感じてしまうのは私だけではないはず。特に複雑化が進んでいるのがワイモバイルではないでしょうか?もうほとんどキャリアと遜色ないくらいわかりにくくなっています(笑)


まず、基本的なところから。ワイモバイルの基本料金以下の通り。

プラン容量月額
S2GB5,480円
M6GB6,480円
L14GB8,480円
高っ!?端末代金も別の料金です。これに10分間通話定額が標準でついてきます。でも、こんな料金で使っている人はほとんどいないはずです。これは2年契約(俗にいう2年縛り)もないプランです。


2年プランを入れると次のようになります。

プラン容量月額
S2GB2,980円
M6GB3,980円
L14GB5,980円
2年以内に契約解除した場合は9,500円の違約金が発生します。でも4ヶ月以上使うなら違約金を払ってでも2年契約をした方が安くなります。
でも、まだ高いですよね?


ここからがとっても分かりづらい!!
どのくらい分かりづらいかというと、店員が誤った説明をしてしまうくらい分かり辛い(後述)
次の3つの特典が原因です。


【特典1】当初1年は月額料金1,000円引き
【特典2】当初2年データ容量増量オプション無料
【特典3】家族割または光セット割りで月額料金500円引き


家族割と光セット割は併用できないので注意しましょう。
この特典を全て加味すると次の通り。

契約期間プランSプランMプランL
1年目1,480円(3GB)2,280円(9GB)3,980円(21GB)
2年目2,480(3GB)3,280円(9GB)4,980円(21GB)
3年目〜2,480(2GB)3,280円(6GB)4,980円(14GB)
やっと出てきましたね、CMやポスターでおなじみの月額1,480円!
同じプランでも毎年条件が変わるから分かりづらい。
因みに、この他に端末代金がありますのでさらに複雑になるわけです。


因みに、これまでは端末購入を前提としたプランです。ソフトバンク回線利用者は対象外ですが、端末持ち込みでSIM(回線)のみの契約をするとさらに2年間特別割引が適用できます。割引後の料金は以下の通り。

契約期間プランSプランMプランL
1年目1,080円(3GB)1,680円(9GB)3,380円(21GB)
2年目2,080(3GB)2,680円(9GB)4,380円(21GB)
3年目〜2,480(2GB)3,280円(6GB)4,980円(14GB)
安っ!? 10分通話定額、しかもプレフィックス(アプリ)無しのVoLTE高品質の10分通話かけ放題がついての価格です。足して2で割れば当初2年の平均月額が出ます。例えばプランSだと3GBで10分通話定額付きで1,580円。これはダントツです。


なお、店員さんが誤った説明をしたという話。知人が契約してきた時のことです。

当初1年3GBで1,480円、2年目は3GBで2,480円だけど、3年目以降3GBもいらなければデータ増量オプション月額500円を外せば3年目から2GB1,980円で使えますよ!!


と説明を受けたそうです。ですが、先述の通り、データ増量は当初2年無料で付いているもの。外したって料金は下がりません。ですが複雑だから間違えるのもわかんなくもないですよね。


スマートキーの電池が切れた!自分でスマートキーの電池は交換しよう♪

自動車の「鍵」。スマートキーの普及で今や電池が入っている「鍵」の方が多いのでは?そうなると困るのが電池切れですよね?ディーラーさんなんかからは「電池交換の際はお持ちください」なんて言われるけど、正直ディーラーに持っていくのは面倒くさいし500円くらいの工賃ももったいない・・・自分で交換すればいつでもできますし、電池代(100円ショップに売っている)で済みます。


でも簡単にできるの?壊したらどうしよう?やったことがないことって何かと不安。そこで今回ちょうどよく(?)私の車のスマートキーの電池が切れたので早速交換したところを紹介いたします。
もちろん、車種によって異なりますので参考&実施の際は自己責任でお願いします。
(我が家の車種:トヨタ ヴィッツ「DBA-KSP 90」)


» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

windows 10をスタンドアロンで使おうと思ったら地獄が待っていた・・・続編

家電量販店店員さんに3日はかかると言われビクビクしながら始まったwindows 10のセットアップ。やることはそんなにこれまでと比べて違和感のあるものでもなく

再セットアップディスクの作成

windowsアップデート(複数回)

Officeの認証

というもの。
結果15:00から始めてほっときながらダラダラ行って21:00くらいでいいところ終わりました。ですが、正直大変でした!困った点は2つ!


まずは一つ目、windows updateがエラーで止まる。そのくせ「最新版じゃありません、危険です」的なメッセージ。更新をチェックするとまたエラー・・・何度再起動してもダメ・・・しかたないのでマイクロソフト(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)へアクセス。いますぐアップデートをクリックして「アシスタントツール」をダウンロードして実行。


これでファイル名を指定して実行「Win + R」右「winver」でwindowsのバージョン確認をすると無事1809になりました。最初にサクッと検索したときは普通にwindowsアップデートしろって出てきたけど、結局できず手動。そんなこんなで時間を取られました。


二つ目はOffice2016認証。昔と違って「Microsoftアカウント」が必須で、自分のパソコンじゃないからアカウントを取得するところから始まりました。もちろんそれはそんなに難しくはないのですが、なぜか認証できない。流れはこんな感じ↓


1.プリインストールしているExcelを起動(もちろんWordや他のオフィスアプリでもOK)

2.プロダクトキーを聞かれるのでパソコンと同梱のプロダクトキーのカードをみて入力

3.マイクロソフトアカウント情報を入力してログイン

4.地域の選択(ポイント1)

5.エクセルに戻って認証ボタンを押す(ポイント2)


まずはポイント1の地域選択。
なぜかプルダウンが開かず何もできない状態。
やることは簡単なんです。プルダウンボタンを開いて「日本」を選ぶだけ。でもボタンが反応しないから進めない・・・ググッてもそんな事象引っかからない・・・
なんどやっても再起動してもダメ・・・結果時間を空けたりしてなんどもやっていたら急にできて進める・・・ごめんなさい、同じことを繰り返し続けただけで特別何もしていないので原因や解決方法が本当にわかりません。とりあえず進めました。


ポイント2のエクセル側の認証。
今度は認証情報が取れませんのエラー。こちらもなんどもマイクロソフトアカウントをログアウトして再ログインしたりしてもダメ。ちなみにここでもう一度最初の「プロダクトキー」を入力すると「すでに使われているキーです」なんていうからさっきのはちゃんと行ってる模様。


こちらは調べると「24時間経ってもダメだったらサポートへ連絡してくれ」と書いてあるのでまた時間を空けてからトライ。時間を空けたあともすぐにはできなかったけど、何度か同じこと(ログアウト&ログイン)を繰り返していると認証が完了した模様。


っていうか、なんでたかがOffice認証でこんなにつまづくんだ!?と結構イライラしました。高い金払って購入するものなのに・・・時間がかかる(時間を空ける)理由もわからないし、空けなきゃダメならそれなりのメッセージを出して欲しい!!


というわけで2回ほどつまづいたけどなんとか終わりました。時間的にはその「アップデート」できるようにするまでに若干かかったのと、オフィス認証に時間を空ける(つまり何もしない)に時間がかかりましたが、半日程度で終わりました。


自分のじゃないのであまり「悠長に時間が取れない」&「トラブルたびにどうしよう?」という気持ちが強く、結構ストレスのたまるセットアップでした。不正使用防止のためのロジックが悪さをしているのかなんなのかわかりませんが、もう少しサクッとできるようにしてほしいです・・・


とりあえずこれからwindowsを買う人には「マイクロソフトアカウントがいる」こと。「アップデートが自動でダメなら手動をトライした方が良い」こと。そして、Office認証はダメなら「時間を空けるとうまくいくことがある」ということをお伝えしたい。


カテゴリ
タグ

windows 10をスタンドアロンで使おうと思ったら地獄が待っていた・・・

ネットワークに繋がない、俗にいう「スタンドアロン」パソコンのセットアップを頼まれました。が、それは地獄の始まりでした。


というのも、最近のパソコンはインターネットに繋がる前提。繋がないパソコンも初期セットアップだけは繋いでねとヤ○ダ電機の店員さんに言われました。ちなみにせいぜい1日あれば終わるんでしょ?と思っていたら大間違い。店員さん曰くいや、つきっきりで3日(結果半日でした)はかかりますとのこと・・・ちなみにセットアップをお願いすると35,000円なり。


windows MEの頃から使っている私としては信じられないお話。いや、そんなに大したことはしないんですよ。大まかな流れが次の通り。


  1. 電源ON、なおネットワークに繋がるよう促されるがここでは拒否しろと
  2. リカバリディスクの作成
  3. windowsアップデート
  4. Officeの製品登録


電源ONからリカバリディスクの作成までパソコンのスペックによりますが小一時間くらい。
ほとんど次へ次へOKみたいな感じでとりあえずデスクトップを表示させた後、プログラム一覧から「再セットアップディスクの作成」をする。
ちなみに昔と違って今は「USBメモリ(32GB)」に作成しなければいけないとのこと。
しかも他の用途には使えなくなるのでパソコンと一緒に購入。メンドクセ〜&無駄な出費にムカッ。


つづいて、ここからが長い!windowsアップデート地獄。windows 10はおおよそ半年に一回大型アップデートでVer変更しているらしく。購入したパソコンが1709というバージョン。これを2019年1月現在は最新の1809(2018年11月リリース)にしなさいとのこと。


というのも、各バージョンごとに1年半ほどのサポート期間しかないそうで、古いバージョンはサポートすでにサポート切れ間近とのこと。スタンドアロンとはいえ不具合の修正とかもしているので、いきなりサポート切れもまずいので、最新にしなければいけません。


この作業が長い!面倒!1709はまず1803にして、1809にするステップを踏まなければなりません。1709を1803にするのに12時間程度、1803を1809にするのにまた12時間程度かかるんだって(今回のパソコンはCore i3)。
なんて面倒なんだ・・・しかも随所随所でインストールの同意やらダウンロードやら再起動やらに付き合わなければなりません。ま、基本ほっといてたまにみるしかありませんがね。っていうか光回線&802.11acだからまだダウンロードはいいけど、回線も遅かったら本当地獄ですよ・・・まさかこんなにかかると思わず知人もしょんぼり。


最後Officeの製品登録。スタンドアロンとはいえ、最初はネットワークにつないで製品登録をしないと最長1年で使えなくなるそうです。いや〜ものがパソコンなんで買ってすぐ使えないことは知人も覚悟していましたし、私も認識はしていましたが・・・まさか最短3日宣告されるとは・・・半分脅しだろうと思いつつもいや〜恐ろしい。


なお、蛇足ですが、最初インターネット接続前にリカバリディスク作成するのは「アップデートが先に始まる」前にリカバリディスクを作りたいからだそうです。
USBメモリも「リカバリディスク」にした後は他の用途で使うのは厳禁。封印しなさいと言われました。それはそうだよね。


最後、忠告されたのはスタンドアロンで使うんだったらずっとスタンドアロンで使ってねだって。なんでもサポートが切れるまで繋がなかったPCをいきなりまた繋ぐと溜まりに溜まったアップデートが一気に流れ込んできて不調になることが多いんだそうです。


今回の教訓は次の4つ。

  1. 今時はスタンドアロンパソコンを作るのは結構大変
  2. スタンドアロンで使うとしても最初は接続が必要
  3. 買ってから最新の状態にするのは結構時間がかかる
  4. セットアップを依頼すると数万かかる、実際大変
自分で使うときは常に接続しているから「勝手にバックグラウンドで」更新はこまめにされているわけで、スタンドアロンならではですかね。


カテゴリ
タグ
スポンサーリンク
 
楽天市場
楽天市場
Copyright © MVNO及び格安スマホ情報 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます